CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 浦和で五目焼きそば | main | 各駅停車能登の旅 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画「草の乱」
秩父事件を描いた「草の乱」を見てきました。秩父事件とは、明治初期に起きた農民の武装蜂起による反乱事件です。直接的な要因は不況・圧政・重税への反発ですが、当時の自由民権運動を思想的背景としていたことが特徴的です。
もちろん、反乱は失敗に終わって反乱の首謀者や参加者は死刑を含む厳罰に処せられます。

映画自体は、完成度の高いものだと思います。当時の農民の困窮と立ち上がるまでの葛藤、主人公の苦悩が胸を打ちます。

・・・しかし、見終わった後にどんよりしてしまう映画はきついですね。

さて、この映画は埼玉県はじめ地元自治体が制作に協力しました。いわゆるフィルムコミッションという奴でしょうか。単に、流行りモノの映画撮影を誘致するよりも、この映画のように地元の歴史にスポットを当てた作品に協力する方が価値があると思います。

本日見に行ったのは、映画館ではなく地元の公共ホールでした。県の映画協会が県内を巡回して公開しているのです。こんな取り組みも良いことですよね。実際、ホールはかなりの人出で、終演時には拍手が起きました。
| 映画 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:43 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://daiten.jugem.cc/trackback/410
トラックバック